過払い金 計算

過払い金 計算

過払い金の計算をするには?

 


引き直し算」での計算が必要になります。

 

正確な数字を出す
計算方法を簡単に書きますと
計算方法(引き直し算)
(返済額)
(借金元金)+(支払利息)
-(借金元金)+(法定利息※本来支払うべき利息)

 

上記を繰り返す計算方法になります。

 

過払い金の計算方法としては?
エクセル式の
取引数字を打ち込みする方法

一般的な方法ではないか?と思われます。

 

下記で計算例を書いてあります。

 

計算(引き直し算)」の
一例で紹介しますと、実際とは違う数字を充ててます。
(250万円)
【(200万円)+(50万円)】
-【(200万円)+(30万円)】
=「20万円」となります。
※本来はもっと細かい返済になるかと思います。

 

より具体的な話は下記の記事を参照ください。

 

過払い金 計算方法

 

これは私の体験上の話ですが、

 

カードローン会社などの取引は
10年以上の多岐に渡った期間になり、
相当数の取引回数(貸借)があると思われます。

 

計算するのに相当時間がかかるので
ご自身で計算するつもりなら覚悟されると良いでしょう

 

過払い金の計算を電卓で行うのは困難です。

できなくないですが・・・。
計算に時間が非常にかかるので、オススメしません。

 

もし、2社以上から借り入れがあり
ご自身が対象の可能性を感じておられる方

すぐ目安を知りたい方オススメなのがこちら

 

イージス法律事務所

 

 


「連絡のつくお電話番号」と「借金の状況」等の
数項目を入力するだけで、
どの程度発生しているか?の「目安」を知る事ができます。

 

その後、ご自身の過払い金請求に関する
無料相談も可能なので、オススメというワケです。

過払い金とは?

そもそも、過払い金とは?
払いすぎた支払利息を指します。

 

法定金利を超えた
グレーゾーン金利での支払(借金返済)をしていた場合
右「過払い金」が発生します。

 

 

計算式にしますとこうなります。

 

支払っていた利息-法定金利=過払い金

 

ちなみに、法定利率とは?

下記になります。

 

借入金額        上限金利
10万円未満        20%
10万円以上100万円未満18%
100万円以上        15%

 

 

あとは、法定利息というのがあります。

 

取引当事者該当する法律法定利率
個人     :個人民法    :年5%まで
事業者   :事業者商法:年6%まで
事業者   :個人商法    :年6%まで

 

上記は過払い金の計算をする際に重要なポイントになります。

 

具体的には、過払い金請求を
カードローン会社もしくは消費者金融に行う際

 

発生していた過払い金に上記の利息を上乗せして請求できます。
※上記の場合、訴訟を起こす形になります。

 

そのため、計算する際には

 

支払っていた利息-法定金利=過払い金

 

上記に

 

+5%(もしくは6%)を掛ける形
※日割になります。

過払い金 時効

2006年の訴訟事件から
過払い金の返還がスタートしたと言われてます。

 

で翌年の2007年から返金処理がスタートしました。

 

早10年を過ぎたというワケですが・・・。

 

これにより、2017年〜過払い金の対象者の方が時効を迎える方が出てきました。

 

時効の開始はいつからか?

借金完済後からになります。

 

2点だけ知っておいて頂きたいのですが

 

@現在も借金返済の継続されている方は時効に影響がありません。
A一度借金を完済しても、その後、再度借入をしていた(継続取引扱いの可能性が高いです)

 

↑は時効になってません。
=過払い金請求の対象者の可能性アリって事です。

 

時効が「10年」なので
権利が消滅・・・・された方も・・・

 

気付かずに生活しても良いのですが・・・。
できれば、手続きしておいた方が
お得なのは言うまでもありません。(損しない)

 

平均で120万円前後と言われてますので。
サラリーマンの方なら?
年間のボーナス以上の方が多いようです。

 

かなりアバウトに書けば
100万円程度の借入のあった方ならば?
年間10万円程度以上
発生している可能性が高いと思われます。

※あくまで、私の体験上。

 

 

最近では非常に便利なサイトがあり

計算せずとも?

目安を調べられるサイト等があります。

 

下記の記事で紹介してます。

 

過払い金シュミレーター

 

最も知りたい
そもそも発生しているか?」
どの程度の過払いがあるのか?」
を無料相談に行く前に、
把握したい方の場合には
下記のようなサイトを利用されると?
時間短縮になるかもしれません。

過払い金 対象

実は、数年前
筆者は100万円を超える過払い金請求を行った体験があります。
=返金対象でした。

 

これは、私の体験上の話になりますが
一番、始めに「なんとか自分で、できないか?」検討しました。

 

様々なサイトや書籍で調べるよりも
プロ専門家(弁護士や司法書士)に依頼した方が、
対時間コスト的に安価であると気づきました。

 

理由は明確で、
ほぼほぼプロ専門家(弁護士や司法書士)
依頼費用(料金体系)は出来高制になっており
初期に掛かる費用は0円に等しいとわかったからです。
無料相談に行った際の交通費程度

 

実は、過払い金の計算を自分でやるのは?
確認程度でOKだ・・・と気づきました。
プロ専門家(弁護士や司法書士)に無料相談に行く前に
あらかじめ計算しましたが、その計算結果を使う事はなかったからです。
2度手間になっただけ・・・でした。

 

と言いますのも、
プロの専門家(弁護士や司法書士)に依頼する場合には
引き直し算)をプロが行ってくれます。
※しかも、無料で行ってくれます。

 

ひとまずどの程度の
過払い金が発生しているのか?知りたい・・・
という方で

 

ご自身が対象の可能性を感じておられる方
非常に便利なシュミレーターが【こちら】

 

イージス法律事務所

 

 

体験上最も感じている部分は?
最終的にプロ専門家(弁護士や司法書士)に相談・依頼するなら?
計算せず、早く相談すれば良かった。

という事です。
返金処理される時間が早まります。

ちなみに、

返金手続き可能な方は?
平成19年以前から「借入していた方」や「借金完済された方」

が対象になります。

グレーゾーン金利などでの取引に限ります。
銀行系カードローンなどは発生していない可能性が高いです。

 

 

以下は、ご参考までに(債務整理全般について)。

 

返還請求手続きを進めることで、
返済額がダウンできたり、
現金を返還させられるかもしれません。
本当に払いすぎたお金が戻るのか?
できるだけ早く確かめてみるべきですね。

 

最近よく言われるおまとめローン
といわれるような方法で
債務整理を敢行して、
指定された金額の返済を続けていると、
その返済の実績が考慮されて、
ローンを組むことが許されることもあります。

 

どうにか債務整理を利用して
全部返済し終わったと言っても、
債務整理をしたという事実は
信用情報に掲載されますので、
5年が過ぎなければキャッシングであったり
ローンにて高価なものを購入することは
考えている以上に困難だとのことです。

 

債務整理を実行してから、
十人なみの生活が送れるようになるまでには、
大体5年は必要でしょうと言われますので、
その期間さえ我慢すれば、
大抵車のローンもOKとなるでしょう。

 

どうしても債務整理をするという
結論に達しないとしても、
それは当たり前のことです。

 

だけど、債務整理は借金問題を終了させるうえで、
断然役立つ方法だと断言します。

 

自己破産時より前に支払っていない
国民健康保険であったり税金に関しては、
免責は無理です。

 

従いまして、国民健康保険や税金につきましては、
個人個人で市役所担当部署に相談しに行くようにしてください。

 

「知識が無かった!」
では済まないのが借金問題だと思われます。

 

その問題を解決するためのやり方など、
債務整理周辺の理解しておくべきことを整理しました。

 

返済で参っているという人は、
閲覧をおすすめします。

 

現実的に借金が多すぎて、
何もできないと思われるなら、
任意整理を実施して、
具体的に支払っていける金額まで
引き下げることが重要になってくるでしょう。

 

10年という期間内に、
消費者金融ないしはカードローンで借金をしたことがある人
まだ返し終わってない人は、
法外な利息とも言える過払い金が存在することが可能性としてあります。

 

銀行で発行されたクレジットカードも、
任意整理の対象ですので、
カード会社に任意整理の申告をした時点で、
口座が応急処置的に閉鎖されることになり、
利用できなくなるのです。

 

債務整理を望んでも、
任意整理の話し合い中に、
消費者金融業者が脅すような態度に出たり、
免責してもらえるか判断できないと思っているのなら、
弁護士に委任する方が確実だと思います。

 

一人で借金問題について、
頭を抱えたり憂鬱になったりすることは必要ありません。

 

専門家の力を信用して、
一番よい債務整理を行なってください。

 

でたらめに高い利息を納めていないですか?
債務整理を実施して借金返済に区切りをつけるとか、
あるいは返戻してもらえる可能性もあるのではないでしょうか!?

 

悩んでいる時間がもったいないですよ。

 

借り入れ金の返済が完了した方に関しましては、
返還請求を実施しても、
不利を被ることはありません。
言われるがままに納めたお金を返戻させることが可能なのです。

 

当サイトでご紹介中の司法書士や弁護士さんなら
身構えることもなく、
楽な気持ちで無料相談していただければと思います。

 

殊に過払い返還請求、
はたまた債務整理の実績がすごいとこに厳選してます。