過払い金 計算方法

過払い金 計算方法記事一覧

過払い金 計算方法

過払い金の計算方法は『引き直し算』を使います。引き直し算の計算式(返済総額)−(借金元金)+(支払利息)-(借金元金)+(法定利息※本来支払うべき利息)=「過払い金」となります。※上記を繰り返す計算方法になります。具体例で紹介しますと年利25%で借金100万円していた。※1ヵ月で10万円返済した場合...

≫続きを読む

過払い金 計算方法 利息

そもそも、過払い金は「支払いすぎた利息」になりますが?返還請求する方法によっては?発生している過払い金に利息を請求できます。※訴訟提起した時のみと思って良いと思われます。私の体験上は「5%」を上乗せして返還してもらいました。そして、過払い金に関する利息の計算方法ですが個々の取引毎(日割り計算)に上記...

≫続きを読む

過払い金 計算方法 代行

過払い金の計算だけをプロにしてもらう計算代行を使う手もあるようです。※私は、使ってませんが。ただし、これはご自分で過払い金請求を行う方向けと思われます。ご自分で行う場合正確な過払い金を把握し、訴訟なり、示談なりの書類作成が必要になります。実際、有料なので3000円前後〜という感じで対応してくれる※個...

≫続きを読む

過払金 計算方法 自動

過払い金の計算方法を自動で行えるサイトなどについては?有名なのは「名古屋式」あるいは「外山式」が有名でほとんどの方が使っていると思われます。エクセル形式での計算方法で取引履歴にある借り入れ額・弁済額の数字を入力する形で自動で数字が出てきます。あと、過払い金請求額に5%や7%上乗せした際など自動で計算...

≫続きを読む

過払金 計算方法 スマホ

過払金(過払い金)の計算方法はスマホで行える?便利なアプリ等があれば良いのですが下記の記事でも書きましたが・・・。アプリはないのが現状ですね。最近のスマホではエクセルも使えるのでそういった点では過払金(過払い金)の計算方法である引き直し算を行うのは可能でしょう。過払金(過払い金)の計算を行う上で肝に...

≫続きを読む

過払い金 対象

ご自身の借金が過払い金の対象になるのか?だけをひとまず知りたい場合計算せずとも、簡単に調べられます。第一前提として法定利息以上の返済期間があるか?上記を調べればOKです。法定利息は下記になります。10万円未満は年20%10万以上100万未満は年18%100万以上は年 15%で、上記よりも高い利率を返...

≫続きを読む

過払い金 弁護士

過払い金に関する相談の選択肢は?弁護士と司法書士の2択と言えるでしょう。※また計算は無料で行ってくれます。行政書士に書面だけ用意してもらい自分で行う手もありますが。行政書士の場合弁護士と司法書士と異なり交渉は行えないのでその点を考慮すると弁護士と司法書士の2択となるワケです。で、弁護士の場合には1社...

≫続きを読む

過払い金 司法書士

過払い金に関する計算は司法書士や弁護士に依頼する場合➡計算する必要がありませんし、無料で計算してくれます。私はこれを知らずに1日使って、計算してしまいました。ところで?司法書士と弁護士ではどちらに過払い金や債務整理(借金問題)に関する無料相談及び依頼した方が良いのか?料金や費用などを重...

≫続きを読む

過払い金 費用

借金問題のプロ(弁護士、司法書士)に過払い金に関する依頼される場合➡計算は無料で行ってもらえます。=ご自身で計算する必要はありません。借金問題のプロ(弁護士、司法書士)に依頼される場合一つの費用目安として日本弁護士連合会が定めている基準があります。過払い金請求(示談交渉)➡...

≫続きを読む

過払い金 相談

なにかしらの事情でご自身で過払い金を請求したい場合を除き、ほとんどの方が専門家(弁護士・司法書士)に依頼される事が多いかと思われます。どうしても過払い金請求の場合訴訟等の手続きがあるためです。で、専門家(弁護士・司法書士)に相談を行う場合過払い金の計算は不要です。これ?私は、失敗しました。わざわざ計...

≫続きを読む

過払い金 期限

過払い金の計算をする前に知っておきたい過払い金請求の期限についてせっかく過払い金が発生していても?請求期限を過ぎてしまっている場合があります。※計算する意味がない可能性があります。で、請求期限はいつまでか?結論から書きますと?借金完済から10年で期限を迎えます。ここでポイントになるのは?借金完済から...

≫続きを読む